乳首の色というのは女性にとってかなり重要なポイントで、特に周りの同性のち首の色がピンクのキレイないろだとどうしてもコンプレックスに感じてしまいます。
 
裸になる場面ならどうにかしてその色を隠したいですよね。

黒い乳首というのは見栄えも最悪ですし、自分で身ていても悲しくなってきてしまいます。
乳首の色をいじられるということも結構ありますからね・・・。
 
このページでは気になるほど黒い乳首の色をササッと隠す方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

今すぐ乳首の色を隠したいなら色をつけよう

人間の皮膚の色を簡単にどうにかすることはできません。
単純に肌色とかだったら日サロで変わるかもしれませんが、乳首の色はそういう風についているわけではありませんからね。

乳首の色を隠すということは乳首自体が誰かに見られる可能性があるということですよね。

どのレベルで見られるかというのもありますし、例えば乳首を舐められるレベルになってしまうと、完璧に隠すということは無理に近いです。
もうそのレベルの間柄ならば、乳首の色ごと認めてもらうしかありません。 
 

リップグロスで乳首を着色!

とにかく隠す!ということなら乳首に色をつけてしまうのが一番手っ取り早いですね。
バカっぽい方法に聞こえるかもしれませんが、隠したいならこの方法がベスト。

さすがに乳首自体の色をすぐにどうにか摩ることは出来ませんから、上から色を上書きしてしまえば見た目的には問題なくなります。
 
もちろん、ただ塗っているだけですので、落ちないように細心の注意は必要でしょうけどね。
 
 
また、どの色を使って乳首をぬるのかというのも大切です。
ピンクのち首に憧れる気持ちはあるでしょうが、あまりにもピンクすぎる乳首というのも目立ちすぎますし明らかにおかしいので、多少ブラウンが混じっていたりするぐらいがちょうどいいです。
 
肌の色とかによっても変わりますから、色を試してみて自分がつけても違和感がない物を選ぶといいでしょう。
最近は落ちにくい製品がどんどん増えてきていますから、お風呂だったら隠すことは可能でしょう。
 

照明の力でどうにか隠す

リップグロスを用意出来なかったり、さすがにつけることが出来ない場面となったら、もう部屋自体の証明に頼るしかありません。

温泉とかでは無理でしょうが、パートナーとそういう行為をする時ならば部屋の電気を極力暗くしてもらったり、その部屋に照明があるのなら色を変えたりしてごまかしましょう。

部屋の電気を落とす場合は、自分の体に自信がないということを恥ずかしがりながらアピールすれば男性からすると庇護欲を掻き立てられるのでgood
 
 
 

根本的に乳首の色を解決する方法

とにかく乳首の色をサッと隠したいのならリップグロスを塗るのが手っ取り早いです。

でもそのままずっと乳首にグロスを塗り続けていくわけにも行きませんよね。
いくら色を重ねようともあなたの真っ黒い乳首は変わりません。
 
『隠したい』と思うほどあなたの中でコンプレックスになっているのなら、その乳首の色を根本的にどうにかしたほうがいいとは思いませんか?

わざわざ色を塗る必要もなく、誰かにバレる怖さを感じなくてもいい体。

自分自身の体に自信を持つためには、あなた自信の元の乳首の色をどうにかしなくてはいけません。
 
 

乳首にピンクのタトゥー

日本では少ないようですが、実は外国では乳首にピンク色のタトゥーを入れているという人はいます。

タトゥーを入れてしまえば、色はずっとキレイなままですし、いつまでもキレイな乳首でいることができます。

とはいえやっぱりタトゥーを入れるという事自体に抵抗感があるでしょうし、それを体の中でも独特は乳首に入れるとなったら相応の覚悟をしなくてはいけません。

界隈に詳しくなければどこのタトゥーショップでやるのかとかも考えないとですし、当然タトゥーを入れるとなったら乳首を店員さんに見せないといけないですからね。その時点で結構ハードルが高いです。
 
 

乳首の黒ずみ用クリーム

手軽に乳首の黒ずみをどうにかしたいのなら乳首の黒ずみ用クリームを使うことでしょう。

クリームの種類はいろいろありますが、基本的にはクリームを塗るだけです。
基本的には毎日一回塗っていく感じですね。

価格が高めの製品も多いですが、その分高価が期待できるということで最近は使っている女性も多いです。
また乳首だけじゃなくてデリケートゾーン付近に使っているという方も結構います。

隠したいほど乳首の色が気になるのなら塗って見る価値は十分あるでしょう。

>>乳首の黒ずみでもう悩まない!おすすめのクリームはこちら