黒い乳首のというのは、かなり見た目悪いです。

自分で見てもそうなのですから、当然相手から見てもよくないでしょう。
 
 
悪い印象は抱かれなかったとしても、いい印象は絶対持たれません。

『黒い乳首=遊び人』というイメージがありますから、それを払拭するためにも乳首をキレイでピンクにする方法をこのページでズバッと紹介します。

こんな方法あり!?裏技的にピンクにする方法

ピンクにする方法の中でもかなり異質というか、それでいいの!?
というような方法があります。
 
それがカラーリングクリームを塗る方法。
名称はいろいろですが、方法としてはただカラーリングクリームを乳首に塗るだけ。

すると数分後に乳首がピンク色になっている!というもの。
 
  
もちろんもともとの乳首の黒ずみを除去しているわけではありません。
黒ずんでしまっている乳首の上からさらに色を付けているという感じですね。
 
染めたりしているわけではないので、拭ったりしたらすぐおちちゃうんですけどね・・・。
 
簡単に言うと、ピンク色のリップを乳首につけているようなものです。
コレなら確かに乳首はピンク色になります。
 
 
まあそれでいいかといわれたら微妙なところ・・・笑
 
 
 

維持できるキレイなピンク乳首にする方法

美容整形などで脱色クリームを使うという方法もありますが、実際やってみた人の乳首や体験談などを見る確かに薄くはなっているんです。
 
ただ、それがピンク色なのかといわれたら微妙なところ。
 
ちょっと不健康そうな色というか黒ずんでしまっているよりはマシなんですけど、ピンクで綺麗な乳首とは言えません。

肌を脱色しているわけで、やり方を間違うと乳輪より外も脱色されてしまうので注意が必要です。
 
 
 

キレイなピンク色にするなら黒ずみクリーム

乳首を理想の綺麗なピンク色にするなら、専用のクリームを使ったほうが一番手っ取り早いです。

専用のクリームは、当然黒ずみを除去するためのクリームがはいっていますし、最近のものなら保湿効果が高いので、プルっとうるう乳首も期待できます。
 
ピンクでもガサガサだとちょっと見た目悪いですからね。
 
 
黒ずみクリームの使い方は簡単。
お風呂上り等に適量だして、乳首にくるっと塗ってあげるだけ。
 
ただ、カラーリングクリームのように色を付けているわけではないので、一日では効果がありません。

毎日きちんと塗り続けてあげることで自然と色が変わっていきます。
 
 
費用はちょっと高いですが、ずっとこのまま恥ずかしい乳首のままというほうがつらいですからね・・・。
 
彼や旦那さんに見せたり、友達と温泉に行っても恥ずかしくない乳首を手に入れたいです。
 
>>乳首の黒ずみにおすすめのクリームをチェックする