『乳首の色黒いね・・・遊んでた?』
この話かなり広まっていますよね。

おそらくこういう言葉を彼氏から言われて傷ついたという人もいるでしょうし、中にはドキッとした人もいるのでは?
 
 
男性のみならず同性からもそういうことをいわれることもあったりして結構つらいところです。

でも関係ないという話もある。。。
実際のところどうなんでしょうか?
 
 

ちくびの色と経験人数は関係ない!

ずーっと前から『乳首の色は遊んでる証拠。経験人数多いでしょ?』といわれ続けてきましたが、実際のところ経験人数の多さと乳首の黒ずみは何の関係もありません。
 
当然性行為をしたことがない方の中にも乳首が黒い人もいますから、完全に体質ということになります。

逆に本当に経験人数が多い人の中にもピンクで本当にキレイな乳首の人はいますからね。
 
 
アダルトビデオの女優さんなんかもキレイですが、彼女たちの場合は見られる仕事ということもあるでしょうからカラーリングやピンク色のタトゥーを乳首に入れていることもあると思います。
 
 

乳首が黒ずむ理由

乳首が黒ずんでしまう原因としては『色素沈着』が関係しています。

簡単にいうと、肌への刺激などによって発生するメラニンが沈着してしまっているというわけです。

ターンオーバー(肌の入れ替わり)が正常ならば、メラニンも取れていくのですが、正常に機能していないとどうしてもそのまま残り続けてしまいます。
 
 
あとは体質的にそういう色ということも。
日本人はもともと白人と比べて色素が濃いですからね。
 
 

ただ、男性からのイメージは・・・

経験人数=乳首の黒ずみ度合じゃないという事実を知らない男性もいます。

そういう男性からすると、やはり『遊んでいる人』というイメージを持たれかねないでしょう。
説明とか遊んでいないという説明をしても、言い訳に聞こえてしまうケースもありますしね。
 
男性としては、遊んできた人とは遊び感覚で付き合っても、結婚とかとなると微妙ですから。
 
 
また、黒ずみが経験人数と関係ないということをしっていたとしても、黒すぎる乳首はすきじゃないという人もいます。

黒色というのは、乳首に限らず良い色とはいえませんよね。
脇だって肌色と黒色どっちがキレイ?といわれたら肌色の方がキレイにみえるはず。
 
アダルトビデオやグラビアなどで、ピンクの乳首の人を見る機会が多いわけなので、どうしてもピンクの乳首の方がよく感じてしまうことはあるでしょう。
 
以前の彼女がピンクのキレイな乳首だったら当然、あなたと比べてしまうことはあると思います。
 
 

黒ずみのケアをはじめるのもおすすめ

今のままの乳首でいいというのなら大丈夫ですが、あなた自身が少しでもコンプレックスを感じたり、そのせいで積極的になれないというなら、黒ずみのケアをすることをおすすめします。
 
黒い乳首でのデメリットはあるでしょうが、ピンクの綺麗な乳首でデメリットってそうそうありませんからね。
 
 
もちろんすぐに黒ずみからピンクに出来るというわけではありませんが、自分に合った方法で黒ずみケアをしてみてください。

>>乳首の黒ずみを解消する方法を紹介!